我々は、rhbmp-2(組換えヒト骨形成タンパク質-2)、多孔質ポリ(DL-乳酸)インプラントで配信の効果を検討したウサギの橈骨骨幹の臨界サイズの欠陥における骨形成。 二十から六骨格成熟ニュージーランド白ウサギの半径に二十ミリメートルの長さの一方的な分節欠損を作成しました。 四十から八ウサギは四週間で評価され、四十から八、八週間で評価された。 六つのグループは、各期間で研究されました。 欠損は一つのグループ(コントロール)で空のままにし、欠陥は一つのグループで自家皮質嚢骨移植片で満たされ、欠陥はrhBMP-2(それぞれ一つのグループ)のゼロ、セブンティーン、三〇から五、または七十マイクログラムを含む多孔質ポリ(DL-乳酸)インプラントで満たされた。 欠陥のx線写真は隔週で行われた。 放射線不透過性であった欠陥の総面積の割合は、コンピュータ化された放射線形態測定法を用いて決定され、この割合は、欠陥における新骨形成の程度の定量的尺度として使用された。 その後、rhBMP-2の十七、三〇から五、および七十マイクログラムの効果は、用量および時間とは無関係であった(p<または=0.05)。 RhBMP-2の三十から五または七十マイクログラムのいずれかで処理されていた欠陥が有意に大きかった(p<または=0。05)rhBMP-2のゼロまたは十七マイクログラムのいずれかで処理されていた欠陥よりも放射線不透過性の面積。 有意差は、rhBMP-2の三十から五または七十マイクログラムで処理された欠陥と自家移植片で満たされた欠陥との間に見つけることができませんでした。 治癒および骨形成を組織学的および組織形態学的にも検討した。 四週間で、偏光顕微鏡は、rhBMP-2のゼロマイクログラムを含むインプラントで満たされていた欠陥でのみポリ(DL-乳酸)の残骸を明らかにした。 八週間で、関係なく、rhBMP-2の用量の、ポリ(DL-乳酸)は、組織学的検査では表示されませんでした。 多核巨細胞の存在は,ポリ(DL-乳酸)によって誘発される炎症応答の特徴であった。 4週と8週にはマクロファージとリンパ球も存在していた。 四週間での細胞応答の強度は、これらの細胞とrhBMP-2の用量との間の逆の関係を示唆した-すなわち、rhBMP-2の七十マイクログラムで処理された欠陥よりもrhBMP-2のゼロマイクログラムで処理された欠陥でより多くの多核巨細胞があるように見えた。 八週間で、多核巨細胞は、rhBMP-2のセブンティーン、三〇から五、または七十マイクログラムで処理された欠陥ではまれであった。 RhBMP-2の十七、三〇から五、または七十マイクログラムで処理された欠陥の骨形成の量は、自家移植片で処理された欠陥の量に相当し、有意に少なかった(p<または=0.05)未処理の欠陥とrhBMP-2のゼロマイクログラムで処理された欠陥(p<または=0.05)であったことを示した。 八週間までに、rhBMP-2の唯一の三十から五と七十マイクログラムは、皮質と骨髄要素を復元していました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。