その最も一般的な解釈では、phenomenalismは、物理的な物体の存在を主張する声明は、感覚を記述する声明と意味において同等であると主張している。 より具体的には、現象主義者は、物理的なオブジェクトが存在すると言うことは、誰かが特定の他のものを持っていれば、特定の一連の感覚を持ってい 例えば、私の後ろに丸くて赤いものがあると言うことは、私が頭を回す視覚的、触覚的、運動感覚(動き)の感覚を持っていれば、私は丸くて赤いものを見ているように見えるだろうと言うことかもしれません。 手を伸ばして触っているように見える感覚を持っていれば、その感覚には、丸いものに触れることに関連するおなじみの触覚が続きます。

陳述の意味について話すのではなく、現象主義者は、赤いものと丸いものが存在するという事実は、被験者が特定の他のものに続いて特定の感覚のシーケンスを持つという事実であると主張するかもしれません。 現象主義者の主な動機は、物理的な世界に関して懐疑主義を避けたいという欲求です。 多くの哲学者は声明の意味性を潜在的に検証可能であることに結びつけたので、いくつかの現象主義者はさらに、物理世界についての主張を可能な感覚

現象主義を受け入れる現代の哲学者はほとんどいません。 多くの人は、現象主義なしに懐疑主義を避けることを非常に困難にする基礎主義的認識論的枠組みを拒否しています。 しかし、この見解の歴史的拒絶は、約束された翻訳プログラムを実行することの難しさと関係がありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。