NAHCのホスピスポリシー&プログラム担当副社長のテレサ・M・フォースター氏は、ホスピスソフトウェアの顧客や友人と共有したいhospice PEPPERレポートに関する最新情報を共有しました

Hospicesは、まもなく支払いパターンを評価するためのプログラムの第2弾リリースを受け取ります電子レポート(PEPPER)。 PEPPERは、2013年にCEO宛のFedEx経由でハードコピーでホスピスに配布されます。 PEPPERはCMSによって提供され、不適切なメディケアの支払いのリスクがある可能性のあるサービスのためのホスピス固有のデータ統計が含まれている無料 ホスピスは、内部監査と監視活動をサポートするためにデータを使用することができます。 PEPPERは、ホスピスのメディケア請求慣行を州、MAC、国家の他のホスピスと比較しています。 CMSはTMFの健康の質の協会とレポートを開発し、配るために引き締まった。

ペッパーレポートについての詳細情報が必要ですか? 10分の概要については、オンデマンドウェビナーをご覧ください。

ペッパーの以下の変更に注意してください:

1. このリリース(バージョンQ4FY12)は、ホスピス請求データの最新の連邦会計年度(会計年度2010年、2011年、2012年)をまとめたものです。 連邦会計年度は10月1日から9月30日まで実行されます。 最初のリリース(バージョンRY2011)は、ホスピスのキャップレート年(キャップ年は1月31日まで)をまとめたものである。

2. TMFは、ホスピスの主張がレポートのために評価される方法に変更を加えました。 最初のリリースは、各報告年に提供されるすべてのサービスについて報告しました。 このリリースでは、死亡またはライブ放電によってかどうか、そのサービスのエピソードが報告年度に終了受益者に報告します。 これらの変更のために:

  • “ライブ放電”ターゲットエリアのカウントは、受益者が25日未満の滞在の長さで生きて排出されたすべてのエピソード(代わりに、最新のエピソード)が含まれ
  • “長期滞在”対象エリアは、受益者が退院または死亡した期間(退院または死亡したかどうかにかかわらず、180日を超えるサービスを受けた期間ではなく)にのみ、長期滞在(180日を超える)を持っていたサービスの受益エピソードをカウントします。

3. “ライブ放電”ターゲットエリアの定義は、CMS Transmittal2410Change Request7677に準拠して更新され、July1,2012以降に終了するサービスのすべてのエピソードについて更新されました。

サービスの構築方法やライブ配信対象エリアの更新定義については、Hospice PEPPERユーザーガイドを参照してください。 トレーニング教材やデモンストレーションなどの詳細については、こちらをご覧ください。PEPPERresources.org.ホスピススタッフは、今後のPEPPERの配布やトレーニングの機会に関する情報を受け取るために、このウェブサイト上の電子メールリストに参加するこ PEPPER(ペッパー)に関する質問は、ヘルプデスクから提出することができます。

また、10分間のホスピスペッパーウェビナーをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。