周囲農薬への出生前曝露は、子供の自閉症スペクトラム障害(ASD)のリスクを増加させ、英医学雑誌に掲載された研究結果による。

研究者らは、カリフォルニア州発達サービス省からASD患者の記録を取得した。 データ収集には、併存する知的障害のある患者が含まれていました。 各症例は、生命統計局から抽出されたそれぞれの出生記録と照合された。 ランダムに選択されたコントロールレコードは、出生年と性別によって各ケース10:1に一致しました。 カリフォルニア州で義務付けられた農薬使用報告システムは、地理情報システムツールを開発するために使用されました。 出生証明書に記載されているように、住宅の出生住所は、農薬への出生前および乳児の曝露を推定するためにジオコーディングされた。 この研究では、神経発達毒性における事前の含意に基づいて、11の高使用農薬を検討した。 Asdと各曝露との関連を推定するためにロジスティック回帰分析を行った。

知的障害を持つ445を含むASDを持つ2961人の合計は、35,370のコントロールと一致しました。 社会統計学的特徴は両方のグループで類似しており、参加者の大多数(81.2%〜82.6%)は男性であった。

続きを読む

“さらなる研究は翻訳であり、障害の発症における基礎となるメカニズムをさらに解明するための実験的および疫学的アプローチを統合すべきである”と研究者らは結論づけた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。