2

右腎周囲血腫-2日後。

患者は上腹部痛を続け,熱性となった。 反復C Tスキャン(図1)。 3)十二指腸と右腎周囲コレクションの通信を実証しました。 この段階での鑑別診断は1: 腎外傷に続発する腎周囲血腫は十二指腸に瘻孔を形成し、2:十二指腸穿孔は上部消化管(GI)内容物を右腎周囲腔に集める。

3

腎周囲血腫と十二指腸との関係を示す矢状所見。

gastrografinの対照の調査(fig. 4)また右のperinephricスペースに口頭対照の漏出を示しました。 症例は上部消化管集学的会合で議論され,最も可能性の高い診断は上部消化管穿孔であると考えられた。

4

右腎周囲腔への摂取されたコントラストの漏れを示すGastrografin研究。

患者はさらなる管理のために上部消化管センターに紹介された。 上部消化管内視鏡検査で十二指腸潰ようの穿孔を認めた。 彼はこの段階で臨床的に非常によく、初期段階で総非経口栄養で保存的に管理されました。 経過はC tおよびガストログラフィン造影検査でモニターした。 最終的に経腸栄養のために摂食空腸吻合術を行ったが,口では無であった。

口腔栄養は、ガストログラフィンの研究で、穿孔が最終的に密封されたことを意味する口腔造影のさらなる漏れが示されなかった後、最終的に開始された(fig. 5).

5

フォローアップのgastrografinの調査。

ディスカッション

腎外傷によって引き起こされる腎周囲血腫は、診断の遅延と不十分な管理が進行中の出血および血行力学的妥協をもたらす可能性があるため、明らかに非常に重要な診断である。 第二に、腎周囲の収集による腎臓の長期的な圧迫は、ページ腎臓現象に続発する二次性高血圧の形態で進行中の結果をもたらす可能性がある。 しかし外傷の明確な歴史がなければ、右のperirenalスペースのコレクションの他の原因は考慮されなければなりません。 十二指腸穿孔と右腎周囲腔の変化との関係を示すいくつかの論文および症例報告があった。 これは、右腎周囲腔内の遊離ガスから腎周囲膿瘍形成までの範囲である。 ある研究では、後十二指腸穿孔後にガスが右腎周囲腔に後方に伸びることが示されており、この放射線所見は診断に役立つことが示されている。 他の症例報告では,十二指腸穿孔のこの重要な診断は,腎周囲膿ようの治療を受けている患者の継続的な臨床的悪化に続いて開腹術で行われている。

この症例は、特に外傷の対応する病歴がない場合に、右腎周囲のコレクションに直面したときに、他の診断、特に十二指腸穿孔を考慮することの重要性 この場合の腎周囲採取の原因が十二指腸穿孔であることを認識しなかったことは、経口摂取を続けていたため、採取を悪化させたであろう臨床的悪化をもたらしたであろう。

  1. Oliveira GH、Schirger A:臨床医学の画像。 ページ腎臓。 N Engl J Med2003;348:129.
    外部リソース

    • Pubmed/Medline(NLM)
    • Crossref(DOI))

  2. Yagan N,Auh YH,Fisher A: 十二指腸穿孔後の右腎周囲腔への空気の拡張:CT所見。 放射線学2009;250:740-748.
    外部リソース

    • Pubmed/Medline(NLM)
    • Crossref(DOI))

  3. Bapat G,Flynn JT:後十二指腸壁穿孔は、腎周囲膿瘍として提示します。 BJU Int2000;86:1093.

著者の連絡先

Elsie Ellimah Mensah

Medway Maritime Hospital

Gillingham(UK)

E-Mail [email protected]…..英国

記事/出版物の詳細

著作権/薬物投与量/免責事項

著作権:すべての権利を保有します。 この出版物のいかなる部分も、出版社からの書面による許可なしに、コピー、記録、マイクロコピー、または情報保管および検索システムを含む、電子的または機械的な形態または手段によって、他の言語に翻訳され、複製または利用されることはできません。
: 著者と出版社は、このテキストに記載されている薬物の選択と投与量が、出版時の現在の推奨事項と実践と一致していることを保証するためにあらゆる努力を尽くしてきました。 しかし、進行中の研究、政府規制の変更、および薬物療法および薬物反応に関する情報の絶え間ない流れを考慮して、読者は、適応症および投与量の変 これは、推奨される薬剤が新規および/またはまれに使用される薬剤である場合に特に重要である。
免責事項:この出版物に含まれる声明、意見およびデータは、個々の著者および寄稿者のものであり、出版社および編集者のものではありません。 出版物における広告または/および製品参照の外観は、広告された製品またはサービスまたはその有効性、品質または安全性の保証、裏書、または承認では 出版社および編集者は、コンテンツまたは広告に記載されているアイデア、方法、指示または製品に起因する人または財産への傷害について責任を負

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。