Abstract

Peripheral ossifying fibroma(POF)は、結合組織起源の反応性良性病変のまれな別個のエンティティを表し、中央のossifying fibromaの軟部組織 本記事は、文献の簡単なレビューと一緒に顎の下顎前方領域の痛みのない成長、その診断、満足のいく臨床管理と報告された13歳の男性における末梢骨化線維腫に関連する症例報告である。

キーワード

反応性良性病変、末梢骨化線維腫

はじめに

歯肉の拡大、特に反応性グループに属するものは、毎日の練習で口腔内で頻繁に遭遇する。 化膿性肉芽腫,末梢巨細胞肉芽腫,刺激性/外傷性線維腫および末梢骨化線維腫のような反応性病変は本質的に無害であり,積極的な臨床的特徴を示すことはめったにない。 これらの病変の中で、末梢骨化線維腫は、主に歯間乳頭から生じる軟部組織のまれに発生する焦点性、反応性、非腫瘍性腫瘍様の成長である。 それはすべてのgingival成長の9%を占める滑らかな表面が付いている薄いピンクからチェリーに変わる色sessileまたはpedunculatedかもしれません。 本稿では、13歳の男性患者における末梢骨化線維腫に関連する症例報告、その診断、満足のいく臨床管理、現在の文献の見直しとともに強調しています。

症例報告

13歳の男性患者が、ナーグプルのSwargiya Dadasaheb Kalmegh Smruti歯科大学病院の小児科&予防歯科に報告し、顎の下前面領域の痛みのない成長を主訴とした。 患者の病歴は,一年半前に外科的切除を受けた顎下前部の軟部組織成長の再発を明らかにした。 口腔内検査では、単一の有茎15mm×15mmの不規則な淡いピンクの成長が31の遠位表面から42の中位表面までmesiodistally拡張し、接続された歯肉から#23,24,25,26の冠の中三分の一までcervico-incisallyを明らかにした(図1)。 触診では、膿または血液の排出がなく、成長は非入札であった。 X線検査では、#24,25に関連して歯間領域にびらん性の骨の変化を明らかにした(図2)。 患者の両親から書面による同意を得た後、局所麻酔下で成長の切除生検を行った。 成長は脱核され、病理組織学的検査のために送られた(図3および4)。 病理組織学的所見では,線維芽細胞,薄いコラーゲン線維,毛細血管および少数の炎症細胞を豊富に有する不角化層状へん平上皮によって部分的に覆われた結合組織の塊を明らかにした。 また、不規則な石灰化した塊はほとんど認められなかった(図5)。 臨床所見とx線所見と病理組織学的特徴を相関させ,末梢骨化線維腫と診断した。

図1. 不規則な淡いピンクの成長は、24の遠位表面から42のmesial表面まで、および#23,24,25,26の冠の中間三分の一まで取り付けられた歯肉からcervico-incisallyまでmesiodistally拡張します。

図2。 との関連で限界の骨の損失を示す下顎の前方の地域とのIOPA24,25

図3. 成長の外科的切除に続いて歯周パック

で手術部位を覆う図4。 7日後のフォローアップ

図5。 H&e切除された成長の染色は、豊富な線維芽細胞、薄いコラーゲン線維、毛細血管、炎症細胞と、末梢骨化線維腫を示唆する不規則な石灰化塊を示す

ディスカッション

歯肉の線維腫は、主に結合組織または歯根膜から生じる。 骨化線維腫は主に頭蓋顔面骨に発生する良性新生物であり,病変は隣接する骨からよく画定され,組織学的には散在した骨または石灰化した腫りゅうとともに増殖する線維芽細胞から構成されている。 骨化線維腫は大きく2つのタイプに分けることができます:中央と末梢。 中央型の起源のnidusは、歯内または根の頂点に隣接する歯周靭帯にあり、ある期間にわたって髄腔の拡張を引き起こし、顎の歯を有する領域の軟部組織に関連して末梢型が生じるのに対して、関連する余分な口腔腫脹を生じる。

POFの命名法に関連する大きな論争が存在する。 骨化線維上皮性ポリープ、石灰化を伴う末梢線維腫、末梢セメント骨化線維腫、末梢セメント線維腫、セメント起源を伴う末梢線維腫、石灰化または骨化線維性epulis、骨形成を伴う末梢線維腫および石灰化線維芽細胞性肉芽腫を含む様々な用語が使用されている。 Shepherd(1844)はPOFを「肺胞外骨症」と報告した。 1972年、Eversole et al. 広く使われているPOFという用語を造語したもので、誤った名称の問題を最小限に抑えています。

日付までPOFの正確な病因は不明である。 さまざまな要因は歯肉への外傷を含むPOFの開発のための要因を、プラークの蓄積、微積分、そしゃく力、不適当な電気器具、切り取られた歯、低質または故障された復帰および不適当な王冠素因と信じられる文献で演説されました。

同様に、POFの病因は明らかではない。 Kumar et al. POFは歯間乳頭に頻繁に発生する歯根膜細胞から生じ,歯肉および歯根膜に近接しており,いくつかの病変の鉱化マトリックス内にオキシタラン繊維が存在することが示唆された。 POFは,臨床的および病理組織学的に類似する長年の化膿性肉芽腫の二次線維症から発症すると仮定されている。 それは骨またはdystrophic石灰化された固まりの形成と共に結合組織の化生を引き起こす骨膜および歯周膜の慢性の苛立ちの後で起こるかもしれません。 それは特に人生の第二十年で女性のための好みを持っているようにホルモンの影響は、重要な役割を果たしている可能性があります。 多中心発生のまれな発現は、POFの病因における遺伝学の役割を指摘する。

POFの発生率は9〜10%の範囲であった。 これは、より一般的に人生の第一および第二十年に見られ、女性優位性を持っています。 この病変の最も一般的な場所は、前上顎骨(症例の約60%)であり、55-60%は切歯-尖部領域に存在する。 しかし、Kohli e t a l. 2時間齢の女性における前下顎新生児歯に関連するPOFを報告しているが、BuchnerとHansenは7ヶ月齢の乳児におけるPOFを報告しているのに対し、Singh et al. 70歳の女性で前上顎骨にPOFの症例を報告していた。 本症例でも下顎前領域に報告した。 臨床的に、POFは、外生性、滑らかな表面、ピンク色または赤色の結節性塊として提示され、それは固着していたか、または時には茎にあった。 末梢骨化線維腫の大きさは、直径0.2-3.0cmから9cmの範囲である。

POFのx線写真の特徴は、病変の持続時間に応じて変化がないことから破壊的な変化までの範囲であり得る。 ある場合には、下にある骨の表面的な侵食、カッピング欠損、および病変の中心にある放射線不透過性石灰化の焦点領域が見られる。 現在のケースでは、びらん性の変化は、歯no31、41との関連で遭遇した。

限局性歯肉過成長の鑑別診断を表1に示す。 鑑別診断には、発生および同様の提示による腫瘍性増殖も含まれるべきであるが、発生率はまれである。 いくつかの著者は、癌が鑑別診断に含まれていた症例のわずか2%で高い疑いの指標を維持することが重要であると指摘したが、同時に、患者および彼の家族との議論は、決定的な病理組織学的診断が確立されるまで、それらの間の過度の苦痛を防ぐべきであると指摘した。

表1. 限局性歯肉過成長の鑑別診断

病巣

臨床的特徴

病理組織学的特徴

その他

化膿性肉芽腫

年齢-限定的ではない
部位-歯肉(最も一般的な)、唇、舌、頬粘膜
特徴-通常、有茎性または固着性の高い、無症候性の急速に成長する柔らかい赤色の塊で、容易に

内皮は、赤血球と慢性で充血血管チャネルを並べました 炎症細胞

多くの場合、妊娠に関連付けられている若い女性では、より多くの

末梢巨細胞肉芽腫

年齢-第4-第6十年
サイト-歯肉のみに、主に大臼歯の前
特徴-紫色または赤紫色の色が急速に成長する柔らかいまたはしっかりした塊で、固着または有柄である可能性があります。 通常0.5-1.5cmの大きさで、表面の潰瘍を示しています。

炎症性細胞浸潤を伴う血管化フィブロ細胞間質における多数の多核巨細胞。

‘レントゲン写真で見られる下にある歯槽骨のカッピングの再吸収

末梢骨化線維腫

年齢-10-19歳
サイト-歯肉のみ
特徴-しっかりした、有茎の塊、周囲の粘膜と同じ色

多数の石灰化沈着物を含む細胞線維性結合組織最小限の血管成分。

x線写真の骨の介入無し、まれに見られる骨の表面的な腐食

刺激性線維腫

年齢-決定的ではない
部位–主に頬粘膜、唇、歯肉
特徴-卵形、無症候性、滑らかな、ピンク、しっかりした、固着性または有茎性の塊

少数の繊維芽細胞およびほとんど炎症性応答を含んでいる密なcollagenousマトリックスが付いているAtrophic上皮。

最も一般的な

末梢歯原性線維腫

年齢-5-65歳
サイト-歯肉
特徴-成長が遅い固体、しっかりと付着した歯肉塊は、時には歯の間に発生し、時には歯を変位させることさえあります。

歯原性上皮が見られる島

中枢性歯原性線維腫の軟部組織

転移性がん

年齢-決定的ではない
部位-歯肉(一般的に)
特徴-腫れ、基礎となる骨の破壊、歯の緩み、感覚異常。 無症候性である可能性があります

起源の腫瘍に似ています

珍しい
は、歯肉反応性病変を模倣することができます

病理組織学はこの場合見られたように線維性の結合組織の同一証明および骨または他の石灰化の焦点存在を確認の診断に与えます。 この病変には三種類の鉱化組織が見られる。:

  1. 時には類骨に囲まれた織られた骨または層状の骨、または小柱の形である可能性のある骨;
  2. セメント質に似た球状体または大きな無細胞の円形から楕円形の好酸球性体として現れるセメント質様物質;
  3. ジストロフィー石灰化であり、微小好塩基性顆粒または小さな小球の小さなクラスターから大きな固体の不規則な塊までの範囲である。

再発を軽減するためには、考えられる原因のほかに、隣接する骨膜および歯周靭帯を含むことによって病変を完全に除去することが重要である。 隣接する歯の徹底的な根のスケーリングおよび/または他の刺激源の除去が達成されるべきである。 抜歯はほとんど必要ありません。 柔らかいティッシュのレーザーはまたレーザーに乾燥した、無血の外科、外科場所で減らされたbacteremia、患者のための結果として生じる減された心理的な外傷、最低の傷つくことを用いる減らされた機械外傷を提供する利点があるので使用することができます。 Iyer et al. 最近,術中出血がほとんどなく,術後の痛みが少なく,縫合運動が少なく,一週間の終わりに優れた治癒を伴うpofのレーザー切除が成功した症例を報告し,pofの管理のための最良の選択肢の一つとしてレーザ切除が示唆された。

再発率は8.9%から20%に変化すると報告されている。 それはおそらく不完全な最初の除去、繰り返しの傷害または局所刺激物の持続のために起こる。 最初の再発の平均時間間隔は12ヶ月です。

結論

末梢骨化線維腫は、再発の可能性を最小限に抑えるために、定期的な切除後のフォローアップとともに、骨膜および歯根膜までの病変の完全な

  1. Buduneli E,Buduneli N,Unal T(2001)末梢骨化線維腫の長期フォローアップ:三つの症例の報告。 歯周病23:11-14
  2. Neville BW,Damm DD,Allen CM,Bouquot JE(1995)Oral and Maxillofacial Pathology. 374年-376年にはフィラデルフィアのWBサンダース社(WB Saunders Co)が設立された。
  3. Bhaskar SN,Jacoway JR(1966)末梢線維腫および石灰化を伴う末梢線維腫:376例の報告。 J Am Dent Assoc73:1312-1320.
  4. Keluskar V,Byakodi R,Shah N(2008)Peripheral ossifying fibroma. J Indian Acad Oral Med Radiol20:54-56.
  5. Eversole LR,Leider AS,Nelson K(1985)Ossifying fibroma:a clinicopathologic study of sixty-four case. Oral Surg Oral Med Oral Pathol60:505-511.
  6. Gardner DG(1982)the peripheral odontogenic fibroma:an attempt at clearization. オーラルサーグオーラルメッドオーラルPathol54:40-48.
  7. Kumar SK,Ram S,Jorgensen MG,Shuler CF,Sedghizadeh PP(2006)Multicentric peripheral ossifying fibroma. J口頭Sci48:239-243.
  8. Kendrick F,Waggoner WF(1996)peripheral ossifying fibromaを管理しています。 ASDC J Dent Child63:135-138.
  9. Kenney JN,Kaugars GE,Abbey LM(1989)末梢骨化線維腫と末梢歯原性線維腫の比較。 J口腔顎顔面Surg47:378-382.
  10. Layfield LL,Shopper TP,Weir JC(1995)生検歯肉病変の診断調査。 J Dent Hyg69:175-179.
  11. Zhang W,Chen Y,An Z,Geng N,Bao D(2007)反応性歯肉病変:2,439例のレトロスペクティブ研究。 真髄Int38:103-110.
  12. Kohli K,Christian A,Howell R(1998)新生児歯に関連する末梢骨化線維腫:症例報告。 小児科20: 428-429.
  13. Buchner A,Hansen LS(1987)末梢骨化線維腫の組織形態学的スペクトル。 口頭Surg口頭Med口頭Pathol63:452-461。
  14. Singh AP,Raju MS,Mittal M(2010)Peripheral ossifying Fibroma:a case report. J Nebr Dent Assoc1:70-72.
  15. Cuisia ZE,Brannon RB(2001)Peripheral ossifying fibroma-134小児症例の臨床評価。 23:245-248
  16. Poon CK,Kwan PC,Chao SY(1995)上顎の巨大な末梢骨化線維腫:症例の報告。 J口腔顎顔面Surg53:695-698.
  17. Iyer V,Sarkar S,Kailasam S(2012)末梢骨化線維腫の治療におけるER,CR;YSGGレーザーの使用。 Int Jレーザー凹み2:51-55.
  18. Das UM,Azher U(2009)Peripheral ossifying fibroma. JインドSoc Pedod前凹み27:49-51.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。