人は人であり、
私は自分自身になります。
とにかく、
私が従う道
私が従う道…

赤:興味のある場所青:食べる緑:眠る

哲学の道は、北の銀閣寺と南の永観堂の間を走る東山北部の美しい運河側の散策路です。 京都大学の哲学教授である西田幾多郎が、現実の性質や宇宙の人間の場所についての複雑な問題に取り組むのに疲れたとき、京都の最も景勝地の中で活発な憲法散歩でリフレッシュしたことにちなんで命名された。 春には桜、秋には紅葉で有名ですが、どの季節にも目を楽しませる多くのものがあり、道に沿って多くの観光スポットがあります。

哲学の道は北からも南からもアプローチすることができます。 道に入る前に南にある永観堂に少し時間を費やすことは、哲学的な歩行のための正しい心のフレームにあなたを置くのに最適です。

緑豊かな丘の中腹に建てられたこの広大な寺院の複合施設は、赤と金のカエデの葉の豪華な展示で秋に最も人気があります。 しかし、他の季節には、それは穏やかな緑のオアシスです。 この美しい寺院の複合体とその庭園を探索する時間以上は、あなたが外の世界の喧騒を忘れて、平和であなたの心を設定するのに役立ちます。

この寺院は、856年に最初に建てられ、当初は禅林寺と呼ばれていました。 後の永観堂は、第7代永観(別名羊羹)を称えるために選ばれたものである。 永観は貧者や病人を助けたことで有名であった。 彼は寺院の複合体の多くを復元し、彼は寺院の敷地内に病院を建てました。 彼はまた、すべての生き物を救うことを誓った仏の化身である阿弥陀仏への献身で有名でした。 永観堂の阿弥陀堂には、”みかえり阿弥陀”または”振り返る阿弥陀”と呼ばれる非常に有名な阿弥陀仏の像が見えます。 この像は、顔が横に向けられ、肩の上を見ているように見えるため、珍しいものです。 これは象徴的に仏が彼に従うように私たちに求めていることを示唆しています。

伝説によると、永観が奈良からこの像を初めて持ってきたとき、それは単に前方に向いていた。 永承元年(1082年)の冬の朝、永観と弟子たちが仏像の周りを歩いていたとき、像は突然生き生きとし、台座から降りて彼らを導き始めました。 この奇跡に驚いた永観とその弟子たちは、自然に口を開いて彼らのトラックに停止しました。 突然の沈黙に気づいて、彫像はその後、ラウンドになって、急いで追いつくためにそれらを言った! そのため、この像はそれ以来ずっと振り返っています。

永観堂から北に向かい、右折します。 ここには運河があり、長い歴史を持つ小さな神社であるNyakuoji jinjaがあります。 後白河上皇は1160年にこの地域の守護神としてNyakuoji神社を創建し、何世紀にもわたって多くの武士や将軍が桜を見るためにここに訪れました。 神社の裏山には、19世紀の偉大な教育者で同志社大学の創始者である新島襄が妻の八重と一緒に埋葬されています。 この神社は、哲学の道の真の始まりを示しています。

身延山久遠寺は、山梨県にある日蓮宗の総本山です。 1274年の創建以来、7世紀以上前から法華経の聖地として多くの観光客を集めてきました。

弘安元年(1282年)に現在の東京の池上で亡くなった日蓮上人の霊と遺骨が、九年間法華経を暗唱した身延山境内に墓所を建立するという遺言に基づき、この寺に祀られている。

http://www.kuonji.jp/english/entop.htm

西田幾多郎(にしだきたろう、1870年–1945年)は、日本が西洋から知識と技術を貪欲に吸収していた19世紀後半に生まれた人物である。 若い頃、西田は貪欲に西洋哲学と伝統的な東洋思想の両方で広く読んでいました。 自然に瞑想的で精神的な追求に向かって傾斜し、彼は存在の性質に西洋の合理主義と仏教の洞察力と結婚したユニークな哲学的システムを作成する 彼自身の一生の間に彼の本はベストセラーであり、彼のアイデアは他の多くの偉大な思想家のためのインスピレーションとして機能しました。 彼の遺産は、彼が世界の偉大な文化的伝統の間に構築された哲学的な橋です。 彼は、要するに、偉大な男だった。

すべてのアカウントで西田も熱心な歩行者でした。 特に難しいアイデアに苦しんでいるときはベランダを上下にペースを上げ、京都大学で講義をするときは表彰台を上下に歩きました。 彼は彼の脳の絶え間ない働きから休憩を必要としたとき、彼は散歩のために東山の丘に脱出するだろう。 そのような瞑想的な散歩で、彼は純粋な経験の性質についての彼の最初の偉大な洞察に来たと言われています。 私たちがこの道を歩くとき、私たちは主の足跡をたどっています。 それは私たちにどのような洞察と経験をもたらしますか?

道の途中、ポムカフェの向かい側には、運河の脇にある記念石が設置されています。 石に刻まれたのは、私たちの名を冠した哲学者、西田鬼太郎による短い詩です。

石は読みます:

人は人
陶器は陶器なり
とにかく
和賀ゆく道お
和賀はゆくなり

人は人であり、
私は自分自身になります。
それにもかかわらず、
私が従う道
私は続く…

西田は、日本が右翼民族主義イデオロギーの動揺の下にますます落ちていた1934年にこの詩を書いた。 彼は、ナショナリストの近視眼的で積極的な政策と彼らの反外国感情を不承認にした。 また、西田の世界観は包括的であり、日本文化をより大きなグローバル文化の一部として見ていたため、西田を疑いを持って見ていました。 彼の国のための彼の懸念にもかかわらず、西田は長いビューを取った。 彼は悪い時代がいつか過ぎ去り、彼の仕事の遺産が残ることを知っていました。 これは彼の最も有名な詩であり、時間の傾向を無視し、彼自身の道を続けていく彼の頑固な決意を表しています。

http://japanshrinestemples.blogspot.com/2014/03/otoyo-jinja-kyoto.html

大豊神社

健康、病気の治癒、幸運、長寿、縁結びの助けを求める日本人に人気があります。

大豊神社は、内部の神社の一つへの入り口をマークする珍しい守護動物のために注目されています。 神社の入り口では狛犬やキツネを見るのが普通ですが、この神社にはネズミがいます!

大豊神社は、ねずみとの関係が特に良好な英雄神、大国主を祀っています。 大国主は嵐の神スサノオの娘と結婚したいと思っていたが、スサノオはあまり熱心ではなかったという古い話があります。 熱心な若い求婚者を取り除くために、彼は背の高い葦のフィールドに矢を撃ち、大国主にそれを取りに行くように言いました。 将来の義父を喜ばせるために、大国主は一見不可能な仕事に忠実に小走りしました。 その後、スサノオは四方に火をつけた。 彼は彼の足元に小さな小さな声を聞いたとき、私たちのヒーローは、トラップされ、一見運命にあった。 それは彼に火を待つために小さな穴を示すために進んだマウスだった–と炎が有用なマウスがあまりにも彼に矢印をもたらした通過したとき。

木崎

京都は豆腐と湯葉料理で有名で、この伝統的なベジタリアン料理を試すのに最適な場所です。

http://www.kyoto-kisaki.com/english.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。