診断上の考慮事項

点状上皮びらんは、ウイルス性角膜炎、特に伝染性軟体動物;包接性結膜炎;ヘルペス性角膜炎/感染後ヘルペス性角膜炎;ルベオラおよび風疹;角膜炎sicca;暴露性角膜炎;春性結膜炎;局所ステロイド;およびワクシニアと関連している。

再発性角膜びらんに関連するその他の状態には、次のものが含まれます: Thygesonの表面的な点状の角膜炎、帯状ヘルペス、アデノウイルスの伝染、延長された目の修繕、corneal浮腫、円錐角膜、neuropathic keratopathy、角膜の退化的な状態(例えば、進められた緑内障)、エーロゾルの角膜炎、外胚葉の異形成、アクネのrosacea、postcataractの外科、および外傷(例えば、傷、摩耗、短波のdiathermyへの露出)。

上皮基底膜ジストロフィー(map-dot-fingerprint dystrophy):上皮基底膜ジストロフィーは最も一般的な角膜ジストロフィーであり、人口の約2%に影響を与える。 ほとんどの患者は無症候性のままであるが、約10%は、障害のある付着複合体の結果として再発性角膜びらんを経験する。 これらの結合複合体は、基底上皮細胞のヘミデスモソーム、基礎となる基底膜、およびボーマン層の隣接するアンカー線維からなる。

真性糖尿病:角膜混濁、ドライアイ、およびデスメ膜の変化は、糖尿病患者ではほとんど観察されていない。 糖尿病患者は、Bowman層への上皮付着に関連する問題を有することが明らかになった。 このような患者の眼内手術後および特に硝子体手術後に有意な再発性角膜びらんが報告されている。

非糖尿病性角膜では、角膜上皮掻爬により、ボーマン層への基底膜付着が維持されて基底細胞が破裂する。 しかし、糖尿病性角膜では、上皮全体が無傷のシートとして分離し、基底膜全体が基底細胞に付着したままである。 このような角膜の変化が眼内手術後に起こる場合には、長期間の半圧パッチ適用および包帯ソフトコンタクトレンズの使用が推奨される。

シスチン症:3つのタイプのシスチン症に共通する臨床的特徴は、角膜および結膜におけるシスチン結晶の病理学的沈着である。 重度の光恐怖症は、しばしば視覚的症状を提示する唯一のものである。 症状は、角膜結晶による光の回折に起因する。 紡錘形の結晶は、最初は中央角膜の前方部分を含むが、1歳までに末梢角膜の完全な厚さを占める。 初期段階では視覚障害は発生しません。

7歳までに、ほとんどの患者は角膜の内皮表面内または上のいずれかに結晶を有し、角膜感受性が著しく低下している。 涙の減少および痛みを伴う角膜びらんが起こる。 角膜の厚さが増加する。 結膜は粉砕ガラスの外観を有する。 生体顕微鏡では、複屈折、六角形、多色、多形、長方形、または菱形の結晶を見ることができます。

毒性表皮壊死症/スティーブンス-ジョンソン症候群/多形性紅斑:毒性表皮壊死症(ライエル病、リッター病、鱗状皮膚症候群)は、多くの点でスティーブンス-ジョンソン症候群に類似している皮膚および粘膜の水疱性発疹に関連する急性全身性疾患である。

毒性表皮壊死症への眼の関与は結膜に限定される; それは通常Stevens-Johnsonシンドロームの目の介入があるよりより少なく厳しいです。 粘液膿性結膜炎は最も一般的な初期症状であり、多形性紅斑への関与とは異なり、これは通常、潰瘍、瘢痕化、symblepharon、または角膜パンヌス形成をもたらさない。 ただし、それはStevens-Johnsonシンドロームのために記述されている再発cornealびらんおよび他のすべての結果と、そうするかもしれません。

: まつ毛による一定の角膜摩耗および不十分な涙は、角膜びらん、潰瘍、および不透明度を生じさせ、これがトラコーマにおける失明への主要な経路を構成 この場合、前のふたの外科による上蓋のノッチを付けることがあります;これはcorneal露出およびそれ以上のcorneal損傷を作り出すことができます。

角膜上皮の変化は、最終的に無虹彩症のすべての患者で起こる。 フルオレセインで陽性に染色された細かい放射状に配向した血管を有する表面的でわずかに上昇したかすかな灰色のパンヌスが特徴的である。 角膜周辺部に欠陥が現れ、年齢とともに中心に進行する。

緑内障が存在するかどうかにかかわらず、角膜びらんおよび率直な潰瘍が生じる場合がある。 これらの病変は、すべての層を含む末期角膜瘢痕化に進行する可能性がある。 他の人は、デスメ膜と深い間質を含む、出生時に存在する無血管混濁を記載しています。 技術的には、これらの角膜混濁はジストロフィーとはみなされません。 Microcorneaは頻繁な発見です。

ムコリピドーシスIV: バーマン症候群とも呼ばれるムコリピドーシスI vは,重度の精神運動遅延および早期の角膜混濁を特徴とするまれな貯蔵疾患である。 それは骨格異常の欠乏のムコリピドーシスI、IIおよびIIIと異なります。 患者は発達の遅れと進行性の精神運動の悪化を示す。 生存は可変です。 角膜混濁は出生時に存在するか、後で発症する可能性があります。 混濁は主に上皮の関与によるものである。 顕著な角膜表面の不規則性が存在することがある。 何人かの患者は再発corneal腐食と多分関連している苦痛、引き裂くこと、photophobiaおよび結膜の注入の一続きを、経験します。 潤滑は有用であるかもしれません。

格子ジストロフィー II型(Meretoja症候群):格子ジストロフィー II型は、家族性全身性アミロイドーシス(Meretoja症候群、IV型家族性神経障害症候群)に見られる。 これはまた、常染色体優性疾患であり、通常、フィンランド、オランダ、またはスコッチアイルランドの祖先の患者に見られる。 全身の介入はボディ中のアミロイドの終局の沈殿に続発的な進歩的な頭蓋および周辺neuropathies、皮の変更およびmultisystemic介入から成っています。 角膜の変化は、通常、第三十年以降に提示し、非常に軽度です。 再発性角膜びらんおよび視力低下が起こり得る。 格子ジストロフィー i型とは対照的に,屈折線は末梢に位置し,数が少なく,より大きい。

糸状角膜炎: 点状上皮性角膜炎と増加した粘液の組み合わせは、糸状角膜炎に必要な成分である。 糸状角膜炎では、多数の原因のための重要な区別の特徴はフィラメントの位置、破損フィルムの状態および準の目の病気の存在を含んでいます。

糸状角膜炎は、角結膜炎sicca(KCS)および上辺縁角結膜炎(SLK)以外の多くの障害を伴って起こる。 再発性びらん、術後抽出、浸透後角膜形成術、神経栄養性角膜炎、ヘルペス性角膜炎、水疱性角膜症、長期パッチ(パディング)、および遺伝性出血性毛細血管拡張症は、これらの疾患の一つである。

原因が何であれ、フィラメント形成は角膜上皮の障害と粘液の相対的な過剰に起因する。 過剰な粘液は、通常、慢性刺激に二次的であり、フィラメントの位置は、根底にある角膜病理のタイプに依存する。 帯状疱疹眼科は、おそらく涙液分泌の脱神経および変化の結果として、角膜上皮の変化を生じる。

Differential Diagnoses

  • Contact Lens Complications

  • Corneal Foreign Body

  • Descemet Membrane Folds

  • Dry Eye Disease (Keratoconjunctivitis Sicca)

  • Emergency Care of Corneal Abrasion

  • Floppy Eyelid Syndrome

  • Fuchs Endothelial Dystrophy

  • Granular Corneal Dystrophy

  • Herpes Simplex Virus (HSV) in Emergency Medicine

  • Lattice Corneal Dystrophy

  • Map-dot-fingerprint Dystrophy

eMedicine Logo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。