Vanessa Chrepa、D.D.S.、M.S.、ワシントン大学歯学部助教授

再生歯内療法は、私たちの専門分野における最も顕著な進歩 以前に壊死した根管系および感染した根管系において、損傷した構造を置き換え、機能性(侵害受容および免疫能力など)を取り戻すことができるとい 2000年代初頭の実行可能な処置として再生パルプ療法の導入以来、endodontistsおよび他の科学者は未熟な歯および慣習的な根管の処置の限定を克服する容量に重大 私達の患者が彼らの自然な歯列を保つのを助けることの私達の最終目的の再生endodontic療法の援助のendodontistsを利用すること。

不完全な根の発達を有する歯は、薄い壁を有する短い根を有し、その寿命を損なう。 再生療法によって、私達は壊死性パルプが付いている前に未熟な歯の根の開発を促進してもいいです。 これは歯の保存が骨格および歯科開発に重大であるので、慣習的な根管の処置上の重要な利点および若い患者のために特に貴重です。

再生歯内プロトコルは、より予測可能な結果を達成するための努力で比較的標準化された手順を臨床医に提供します。 このプロトコルは、2004年にBanchsとTropeによって最初に導入されて以来、大幅に変更されています。1再生歯内療法が幹細胞ベースの治療法であることが発見された後2元の歯髄組織の形態と機能を再現するためには、より”ガイド付き”組織工学アプロー その結果、その後のプロトコルは、幹細胞の生存と増殖を促進し、生体適合性材料による修復を促進する消毒プロトコルを提唱することにより、より”幹細胞に優しい”ように変更されている。 現在のAAEが推奨する再生歯内治療プロトコルには、1の使用が含まれています。6%NaOClの代りの5%次亜塩素酸ナトリウム(NaOCl)、0.1-1mg/mlへの二重か三重の抗生ののり(蛇口)の希薄およびperiapical出血の誘導前のEDTAの最終的な運河の洗浄。

歯内再生手術は非常に成功しています。 MTAのapexificationと比較されたとき、調査は90-100%の範囲で再生endodonticsのための同じような成功そして残存率を、報告しました。 より長いフォローアップを伴う臨床例は限られているが、彼らは良好な転帰を報告している。3臨床徴候および症状の解決および歯根周囲治癒に加えて、再生歯内処置は、根の長さの約15%の増加および根の幅の29%の増加を示し、これはapexification処置と比較して非常に有意であった。4根の開発のこの相当な増加は未熟な歯の長寿に対する肯定的な効果をもたらすかもしれないので重大な利点です。 これらの利点は、他の歯内治療では比類のないものです。

さらに、多くの研究者が成人患者の成熟した歯に再生歯内療法を適用し始めています。 いくつかの臨床症例報告では、成熟した歯の歯髄壊死の徴候および症状、大きな歯根周囲病変を有するもの、ならびに歯髄管閉塞の徴候が完全に解5、6 2011年の研究では、炎症を起こした歯根周囲組織が成人患者および成熟歯における間葉系幹細胞(MSCs)の重要な供給源であることが初めて実証された。7その発見の後、サンアントニオのテキサス大学健康科学センターの私の元同僚と私は、成人の頂端病変を伴う成熟した歯の出血を誘発することによ8実際、歯根周囲組織からの誘発された出血は、成熟した歯の根管系へのMscの有意な流入をもたらし、これは未熟な歯で以前に実証されたMscの臨床的送達に匹敵するものであった。 これらの細胞はまた、幹細胞ホーミング、血管新生および歯芽分化に関連する遺伝子を発現し、歯髄再生に重要なすべての要素を示した。 したがって、成熟した歯の根管におけるMscの臨床的送達は実現可能である。 この発見は、成人の完全に形成された歯における再生歯内療法の将来の応用の基礎を提供する可能性がある。

リジェネレイティブ-イン-フィギュアリティ-1

十二歳の女性は、以前の外傷性損傷のために歯#8に複雑なクラウン骨折を提示しました。 #8の診断は、症候性頂端歯周炎を伴う歯髄壊死であった。 再生歯内治療を選択し,中間薬剤として水酸化カルシウムを用いた治療を行った。 運河はAAEの推薦された議定書に従って1.5%NaOClおよび17%EDTAと潅漑されました。 Mtaの障壁はcejの下に変色を最小にするために置かれ、歯はガラスionomerおよび合成の復帰と元通りになった。 三年間のフォローアップは、完全な根尖周囲の治癒と根の発達の継続を示しています。 この治療は、大きな嚢胞様の頂端周囲病変の存在下でも成功したことに留意されたい。 博士ヴァネッサChrepaの画像の礼儀。

臨床成績は良好であり、研究の進歩は非常に有望であるが、再生歯内療法にはいくつかの制限がある:

  1. 処置自体は非常に技術敏感で、相当な訓練を要求する;不安定な凝血上の生体材料の出血そして配置を換起することは挑戦的である場合もある。 しかし訓練された臨床医のためにプロシージャはMTAのapexificationより時間有効であるかもしれません。 未熟な歯の頂端の第三の閉塞は、時には冠状の第三を閉塞するよりも退屈で時間がかかることがあります。
  2. 歯の変色は、タップ内のミノサイクリンまたはセメント-エナメル接合部(CEJ)に配置されたMTA障壁のために非常に一般的です。 これはリコールの任命にほとんどの患者のための第一次心配であるようである。 しかし、
    は二重抗生物質ペーストを使用することにより、変色を最小限に抑えることができます(すなわち、、メトロニダゾールおよびシプロフロキサシン)
    または水酸化カルシウムを代替ドレッシングとして、およびバイオデンティナーなどの他の生体適合性材料を障壁として使用することによって。
  3. ポスト配置が必要な場合、MTAバリアがCEJレベルに配置されているため、再生歯内処置では十分なスペースが提供されません。 両方の世界のベストを達成するためには、1つは根管の処置およびポストの配置に先行しているそれ以上の根の開発および先端閉鎖を達成するた

これらの制限にもかかわらず、歯内再生療法は歯内治療を再定義する可能性を秘めています。 重要な歯は根管治療された歯よりも虫歯の影響を受けにくいことが示されており、再生歯内療法では、防御機構を有する生存可能な神経血管組織がゴム材料の代わりに根管系を占有する。 この治療は、歯に活力と感性を取り戻し、その機能を改善する機会を与えます。 私達はより多くの歯を救い、肯定的により多くの患者の生命に影響を与えてもいいです!

再生歯内療法に関するAAEリソースの詳細については、以下を参照してくださいaae.org/regenerativeendo.

リジェネレーション-イン-ザ-フィギュアア-ザ-フィギュアア-ザ- リジェネレーティブインデックス2
九歳の男性は、歯科訪問の三ヶ月前に歯#8の剥離の歴史を提示しました。 患者の親は、彼らの歯科医が事故の二時間以内に歯#8を植えたことを報告しました。 #8の診断は、症候性頂端歯周炎を伴う歯髄壊死であった。 治療前に術前コーンビームc tを行い,外部炎症性根吸収を認めた(矢印参照)。 再生歯内治療を選択し,中間薬剤として水酸化カルシウムを用いた治療を行った。 運河はAAEの推薦された議定書に従って潅漑された。 Mtaの障壁はcejの下に変色を最小にするために置かれ、歯はガラスionomerおよび合成の復帰と元通りになった。 十六ヶ月のフォローアップは、完全な根尖周囲の治癒と根の発達の継続を示しています。 経過観察では根吸収の徴候は認められなかった。 博士ヴァネッサChrepaの画像の礼儀。

Vanessa Chrepa博士は、ワシントン大学歯学部の歯内学部門の助教授です。 彼女はアメリカの歯内療法委員会の外交官であり、再生歯内療法の分野で熟練した研究者です。 彼女はで到達することができます[email protected]

  1. Banchs F,Trope M.頂端歯周炎を伴う未熟な永久歯の血管再生:新しい治療プロトコル? J Endod2004;30:196-200.
  2. Lovelace TW,Henry MA,Hargreaves KM,Diogenes A.臨床再生歯内処置後の壊死性未熟歯の根管腔への間葉系幹細胞の送達の評価。 J Endod2011;37:133-8.
  3. ディオゲネスA,Ruparel NB,Shiloah Y,Hargreaves KM. 再生歯内療法:前進する方法。 J Am Dent Assoc2016;147:372-80.
  4. Jeeruphan T,Jantarat J,Yanpiset K,Suwannapan L,Khewsawai P,Hargreaves KM. マヒドール研究1: 再生歯内またはapexification方法のいずれかで治療された未熟な歯のx線写真と生存転帰の比較:レトロスペクティブ研究。 J Endod2012;38:1330-6.
  5. Saoud TM,Sigurdsson A,Rosenberg PA,Lin LM,Ricucci D.再生歯内療法を用いた成熟した壊死性歯に関連する大きな嚢胞様炎症性歯根周囲病変の治療。 J Endod2014;40:2081-6.
  6. Paryani K,Kim SG. 根の発達完了後の永久歯の再生歯内治療:2例の報告。 J Endod2013;39:929-34.
  7. Liao J,Al Shahrani M,Al-Habib M,Tanaka T,Huang GT. 炎症を起こした頂端周囲組織から単離された細胞は、間葉系幹細胞マーカーを発現し、高度に骨形成性である。 J Endod2011;37:1217-24.
  8. Chrepa V,Henry MA,Daniel BJ,Diogenes A.成熟した歯の根管への頂端間葉系幹細胞の送達。 J Dent Res2015;94:1653-9.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。