末梢に挿入された中央カテーテル(PICCs)の配置は、病院の進行性慢性腎臓病(CKD)患者では一般的であり、ガイドラインに沿っていなかった、と研究者らは報告しVineet Chopra、Md、MSc、University of Michigan in Ann Arborらによると、Piccの20,000人以上の入院患者のうち、ほぼ4分の1がeGFR<45mL/min/1.73m2(23.1%、95%CI20.9%〜25.3%)で3b以下のckdステージを有していた。

さらに、3.PICCを有するこれらの進行したCKD患者の4%も血液透析を受けていた、彼らは内科の年代記に書いている。

「血管へのアクセスは、whoが腎置換療法を必要とする可能性のある患者にとって重要である」と研究者らは書いており、長期透析患者の血管へのア

“天然の静脈セグメントが以前にaのような留置血管カテーテルにさらされていない場合、AVFの作成は成功する可能性が高い”と述べ、PICCsは静脈血栓症と中心静脈狭窄の両方のリスクが高いことが以前の研究で報告されていると付け加えた。

“したがって、血液透析アクセスのために静脈を保存するために、国のガイドライン(賢明な選択を含む)は、進行したCKD患者におけるPICC配置の回避を推奨している”と述べた。

前向きコホート研究には、2013年11月から2016年9月までにPICCを受けた52のミシガン州の病院から20,545人の成人が含まれていた。 患者は、手術のような非医療サービスに入院した場合、または観察下でのみ入院した場合に除外された。

これらの患者の中で、PICCの配置の最も一般的な理由は、静脈内抗生物質の使用(37.6%)、静脈へのアクセスが困難(21.5%)、および中央へのアクセスが必要な薬 PICCsの大半は管のアクセスの看護婦によって置かれ、最も一般的に使用されたPICCsは直径の≥5フランス語でした;ほとんどは単一内腔PICCsよりもむしろ多数の内腔を持っていました。

PICCを有する病院のすべての患者のうち、滞留時間の中央値は11日であったが、ckdを有する患者の間で滞留時間は短かった。 Basilicおよび上腕静脈は、アクセスに最も一般的に使用された。

入院中にICUにいた患者のサブセットを見ると、PICC患者の32%以上がeGFR<45mL/分/1.73m2を持っていました。 高度なCKDに配置されたPICCsを有するこれらのICU患者の半数以上が血液透析を受けていた。

一般医療単位の患者では、EGFR<45mL/min/1.73m2(15.3%)とeGFR≥45(15.2%)の患者でPICC関連合併症の割合が類似していた。 同様のパターンがICU患者の間で見られた(それぞれ22.4%対23.9%)。

しかし、ICUの進行CKD患者のうち、一般病棟の患者よりも大きな合併症の割合が高かった(5.6%対3.5%)。 いくつかの主要な合併症には、確認された深部静脈血栓症および/または肺塞栓症、または確認された中央線関連血流感染(CLABSI)が含まれていた。

多管腔PICCsを受けた進行CKD患者は、CLABSIの割合が高い(1.2%対0%)を含む、単管腔PICCs(22.7%対12.5%)に対して合併症の倍の量を経験した。

研究の制限には、腎臓専門医がCKD患者でPICCの使用を承認したかどうか、およびPICCの配置がその後血液透析のための血管アクセスを障害したかどうか

“これらの重要なデータは、CKD患者の静脈保護ガイドラインにはあまり注意が払われていないという以前の観察を再確認する”と、クリーブランドのCase Western Reserve University School of MedicineのMarcia Silver、MDは、付随する社説で強調した。

彼女は、PICCの回避、短トンネル内頸管カテーテルの代替としての検討、および少量の採血の使用を含む、CKD患者の”静脈保護戦略”が優先事項であるべきであ

“アイドル静脈カテーテルは避けるべきだ”と彼女は述べた。

将来の血液透析アクセスのためにCKD患者の静脈を保存するためのこれらの保護措置の実施を支援するために、シルバーはまた、患者と病院のスタッ

現在の研究は、「静脈保護の多くは、CKDの複雑な患者を世話する非腎臓専門医による意思決定に依存している」と彼女は述べている。

最終更新日04, 2019

開示

この研究は、ミシガン州のブルークロスブルーシールド(BCBSM)とブルーケアネットワークによって資金提供されました。

Chopraは、医療研究品質庁(AHRQ)との関連関係を開示しました。 共著者は、Wiley Publishing、BCBSM、およびAHRQとの関連関係を開示しました。

銀は、業界との関連関係を開示していません。

一次資料

内科の年代記

出典参考: Paje D,et a l「Use o f Perpherally Inserted Central Cateters In Patients With Advanced Chronic Kidney Disease」Ann Intern Med2 0 1 9;DOI:1 0.

二次情報源

内科の年代記

出典参照:シルバー M”慢性腎臓病の患者のために、静脈を救う、命を救う”Ann Intern Med2019;DOI:10.7326/M19-1086。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。