パブリックアジャスター

1.)あなたの住宅所有者の保険会社に通知

あなたの保険契約は、速やかにそれらに物的損害の請求を報告する必要があります。 あなたの契約の規定された制限時間内にそうしないと、おそらくあなたの主張の拒否につながる可能性があります。 あなたの財産の敷地を避難しなければならない場合でも、できるだけ早くあなたの保険会社に連絡しなければならないことに注意することが重 あなたの保険会社に応じて、これは電話またはオンラインで行うことができます。

保険会社に通知すると、請求プロセスが開始されます。 これは、詳細に大きな注意とあなたに代わって時間と準備の十分な量を必要とする広範な、詳細なプロセスです。 請求プロセスには、保険会社との最初の連絡、請求の評価、交渉、および解決/和解が含まれます。

このプロセスの最初のフェーズでは、次の情報が必要になります:

      • 名前
      • ポリシー番号
      • アドレス
      • クレームの種類(冬の嵐、ハリケーン、洪水、火災など。)
      • あなたの家および個人的な財産への損傷の記述

2.)財産と前提を確保する

あなたの家と前提を確保することにより、あなたの財産への追加の損傷と第三者が現場で負傷する可能性を防ぎます。 災害後の追加損害を軽減することは、保険契約者としての契約上の責任です。 あなたの責任のより詳細な説明のために、私達の記事を見なさい、”あなたの傷つけられた特性を維持し、保護する:あなたの責任は何であるか。”

3.)プロセスによって助けるために専門家を雇うことに見なさい

物的損害の要求をファイルした後あなたの保険会社はあなたの場合を監督するた 一般的な保険契約者の間違いは、保険会社の調整者があなたの最善の利益のために外を見ていると仮定しています–逆に、保険会社の調整者は、保険会社の最善の利益のために外を見ています。 あなたは、クレームプロセスを通じてあなたを助けるために、このような公共の調整などの専門家の独自のセットを雇う権利を持っています。 自家所有者の物的損害の要求はあなたの保険証券、専門用語、および企業のinsおよびoutに気づいていなければ複雑、時間のかかり、立証しにくい。

ここにあなたがあなたの要求と助けるためにあなた自身の専門の公共の調節者を雇う必要がある場合もあるある物語の印はある:”あなたが公共の調節者を雇う必要がある4つの印”

あなたが適切な解決に達するためにあなたの要求を立証することの方にするべきである多くの事がある間、あなたがするべきでない多くの事がまたある-のような:

しない

1。)保険会社

によって承認されるまで何かを修理し始めるあなたとあなたの保険会社は、あなたの家に変更を加える前に、必要な修理とそのような修理の費用について議論し、同意する必要があります。 注:すべての議論と合意は文書化され、口頭だけではありません。

2.)何でも捨てる

これには領収書、破損したもの、私物などが含まれます。 あなたは保険会社にあなたの主張を証明するためにこれらの項目が必要になります。 それらが適切に文書化されるまで、それらを処分しないでください。

3.)保険会社のベンダー

を使用する必要があると仮定しますそれが保険会社の調整者であるか、または彼らが推薦する契約会社であるかどうか、請負業者、公 そして、それはそうするためにあなたの最善の利益に通常です。

:

  • “公共の調整者を雇う前に尋ねるべきことは何ですか?”
  • “公共アジャスターを雇うことに興味がありますか? あなたの主張に合った適切なものを見つける方法に関するヒント”
  • “私たちの公開アジャスターがあなたに知ってほしいこと”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。