有効性試験と臨床的有効性との相関は、ワクチン使用の基礎です。 有効性を測定するために、物理化学、抗病原性、免疫、感染、および感染または疾患に対する保護のような様々な試験方法が使用される。 それらの適用性は、抗原の性質および試験の目的に依存する。 物理化学および抗原分析は、生産およびワクチン処方の一貫性を制御するために、別々にまたは並行して使用することができるが、それらと保護効果との間の相関はしばしば決定的ではない。 ほとんどの場合、抗原の基本的な免疫学的特性およびこれらの特性と疾患のメカニズムと免疫防御機構のメカニズムとの関係はほとんど知られて Creative Biolabsは、ワクチン分析開発の分野で世界をリードしています。 当社の豊富な経験と高度なプラットフォームにより、我々はワクチンの効力試験のための最高の開発サービスを提供することに自信を持っています。 私達は世界中私達の顧客のための最も良い結果を保証します。

HPVワクチン効力試験のための中和実験–Creative Biolabs

Fig.HPVワクチンの効力試験のための1中和実験。

伝統的なワクチン効力試験法

ワクチンの品質を評価するためには、最終製品の効力試験は、国の規制当局によって確立された有効性の基準を厳 ワクチンの有効性を試験するための普遍的な方法は、動物チャレンジ試験である。 最適な免疫応答期間の後に処方された年齢の日に推奨される免疫学的用量で同じタイプの動物に接種し、同時に免疫された動物と対照動物を攻撃することは、免疫された動物の保護に応じて、動物の病因を引き起こし、ワクチンの能力を測定し、一定時間後に病気の発生率を減少させることができる。

ワクチン効力試験の代替方法

代替方法には、実験動物置換および血清学的置換が含まれる。 最初の方法は、同じような臨床症状を有する他の動物を使用して元の動物を置き換え、この動物ワクチンの有効性を間接的に試験することである。 血清学的方法としては、ワクチンの有効性は、免疫後の抗体価レベルを検出することによって評価される。 それは実験およびいろいろな種類のELISAを中和するウイルスを含みます。

ELISA法–Creative Biolabs

ワクチンの効力を試験するための戦略

当社の効力試験技術は、製品の保存期間を通じて元の有効性試験で決定されたレベルの保護を提供するワクチンの各バッチを一貫して製造することを保証するのに役立ちます。 Creative Biolabs効力試験プロセスは、多くの場合、いくつかの新しい技術と元の技術の利点で構成されています。 これらの試金は動物の挑戦テスト、PD50テスト、PGPテスト、ELISAからPCRまで及びます。 効力制御試験の使用は、製造されたアセンブリロットのワクチンの実際の相対的強度を試験するための貴重なツールである。 生物学的ベースの製造方法は、本質的に可変であり、効力試験は、市販ワクチンのロット間の一貫性を確保するためのツールです。 私達の新しいテストプラットホームは急速で、有効で正確な検出サービスを提供します。 私達はまた異なった目的のための調査のサンプルにカスタマイズされたサービスを提供します。

  • 高解像度と高コストパフォーマンス
  • 高特異性

Creative Biolabsはワクチン開発の分野のリーダーであり、何年もの間ワクチン分析開発と認定サービスに焦点を当ててきました。 私達は優秀なサービスを提供できる高度のプラットホームおよび専門家を経験しました。 私達のサービスに興味があったら、私達に詳細については連絡して下さい。

私達のサービスは研究の使用だけのためです。 私たちは個人に直接サービスを提供していません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。