プロパティノード

プロパティノードを使用すると、プログラムをより強力にし、より楽しくすることができます。 プロパティノードを使用すると、フロントパネルオブジェクトのプロパティ(色、可視性、位置、数値表示形式など)をプログラムで制御できます。 ここでのキーワードはプログラム的にそれは、あなたの図のアルゴリズムに従ってフロントパネルオブジェクトのプロパティを変更することです。 たとえば、数値が大きくなるにつれて、文字盤の色を青、緑、赤に変更することができます。 または、どのボタンが押されたかに応じて、さまざまなコントロールをユーザーに選択的に提示したり、表示したりしたりすることができます。 あなたも、いくつかの物理的なプロセスを象徴するために動き回るカスタムコントロールを持つことによって、画面をアニメートすることができます。

プロパティノードを作成するには、フロントパネルオブジェクトまたはそのターミナルのいずれかにポップアップし、>>プロパティノードの作成サブメ 変数と同じ名前の端末がダイアグラムに表示されます。 コントロールのプロパティノードで設定できるオプションを確認するには、操作ツールを使用してノードをクリックするか、ノード上でポップアップしてPropertyを選択します(図13.28を参照)。 今、あなたが選択したいプロパティまたはプロパティの選択肢を持っています。 各オブジェクトには、基本プロパティ(すべての種類のコントロールに共通)のセットと、通常はその種類のコントロールに固有の追加のプロパティのセッ

図13.28. コントロールとインジケーターに使用できる多くのプロパティの一部

ローカル変数と同じように、オブジェクトのプロパティを読み書きすることができます(ただし、いくつかのプロパティは読み取り専用です)。 プロパティのモードを変更するには、その上にポップアップし、書き込み/読み取りに変更オプションを選択します。 プロパティノードのターミナル内の小さな矢印は、それがどのモードにあるかを示します。 書き込みモードのプロパティノードの左側には矢印があり、データがノードに流れ込み、新しいプロパティが書き込まれていることを示します。 読み取りモードのプロパティノードの右側には矢印があり、現在のプロパティを読み取り、このデータを提供します。 ローカルに使用したのと同じアナロジー、コントロール(読み取りモード)とインジケータ(書き込みモード)は、プロパティノードに適用されます。

プロパティノードの興味深い特徴は、ブロックダイアグラムで複数のプロパティに対して1つの端子を使用できることです(ただし、常に同じコント 追加のプロパティを追加するには、Positioningツールを使用して端末のサイズを変更し、必要なプロパティの数を取得します。Bundle、Build Arrayなどの関数に複数の入力が追 図13.29は、数値制御ゲインの同じ端子上の2つのプロパティを示しています。

図13.29. 読み取りモードでは可視プロパティ、書き込みモードでは数値テキストの色を持つプロパティノード

Visibleプロパティは読み取りモードとNumTextにあることに注意してください。Colorsプロパティは書き込みモードです。 各プロパティは、ポップアップメニューから”書き込みに変更”または”読み取りに変更”を選択して設定できます。 ノード上のすべてのプロパティを変更するには、[すべてを変更して書き込み]または[すべてを変更して読み取り]を選択します。

のは、簡単な例VI、PropertyNodeを見てみましょうExample.viこれは、CD-ROMのEVERYONE\CH13フォルダにあります(図13.29および13.30を参照)。 あなたは、彼らが必要とされたときにそれらの機会を除いて、特定の特殊なコントロールを非表示にするフロントパネルを持っていたとします。 次のフロント-パネルには、張力ゲージとブールアラーム-スイッチが表示されます(図13.29を参照)。 私たちは、詳細なコントロールを表示/非表示というボタンが含まれています。..、あなたがそれを押した場合、いくつかの本当にあいまいで複雑なオプションがポップアップする可能性を示唆しています(図13.30を参照)。

図13.30. PropertyNode Example.vi 隠される高度制御が付いているフロント-パネル

この例では、ボタンが押されていない限り、プロパティノードのオプション”Visible”をfalseに設定することで非表示にする2つのコントロール、gainとoffsetを追加し 詳細コントロールの表示/非表示の場合。 . . ボタンが押され、その後、ta-da! . . . 2つのノブが表示されるようになります(図13.31参照)。

図13.31. PropertyNode Example.vi 目に見える高度制御が付いているフロント-パネル

ブロックダイアグラム全体は、ボタンが二つのノブの可視性を制御し、したがって、”ポップアップ”効果を与えるために、次に示すようなWhileループに含まれています(図13.32を参照)。

図13.32. PropertyNode Example.vi ブロック図

タブコントロールについては、”Cool GUI Stuff”セクションで学習します: 私にできることを見て!.”あなたはそれに精通していたら、この例に戻って、タブコントロールの別のページに”高度な”コントロール(ゲインとオフセット)を置くことによって、いくつかのフ

多くの場合、オブジェクトのプロパティノードで複数のオプションを使用したいと思うでしょう。 別のプロパティノードを作成する代わりに、位置決めツールを使用して端末を拡大することで、一度にいくつかのオプションを選択できます(クラスター それぞれの新しいオプションが順番に表示されます; あなたが操作ツールで任意の項目をクリックして好きなら、後でこれらを変更することができます。

プロパティノードの基本オプションの一部は何を参照していますか?

  • Visible:オブジェクトの可視性ステータスを設定または読み取ります。 TRUEの場合は表示され、FALSEの場合は非表示になります。 Visibleプロパティを使用すると、コントロール(またはインジケーター)をユーザーから非表示にできます。 コントロールの色をtransparenttransparentコントロールに設定するだけでは見えないように見えるかもしれませんが、非表示ではなく、ユーザーはまだ(無意識のうちに)それらと

  • 無効: コントロールのユーザーアクセス状態を設定または読み取ります。 値0はコントロールを有効にしてユーザーがアクセスできるようにし、値1は表示されずにコントロールを無効にし、値2はコントロールを無効にして”グレー”

  • キーフォーカス:trueの場合、コントロールは現在選択されているキーフォーカスになり、このフィールドでカーソルがアクティブであることを意味します。 キーフォーカスは、一般的にフィールドをタブで移動することで変更されます。 Mouselessアプリケーションを構築するのに便利です。 キーフォーカスの詳細については、第15章を参照してください。

  • ポジション: フロントパネルオブジェクトの左上のピクセル位置と左のピクセル位置をそれぞれ定義する2つの数値のクラスター。

  • 境界:フロントパネルオブジェクト全体の高さと幅をピクセル単位でそれぞれ定義する2つの数値のクラスター。

  • 点滅:trueの場合、フロントパネルオブジェクトが点滅します。

  • 書式と精度:数値コントロールと指標の書式と精度のプロパティを設定または読み取ります。 入力クラスターには、形式用と精度用の2つの整数が含まれています。 これらは、数値オブジェクトのポップアップメニューから設定できるのと同じプロパティです。

  • 色:オブジェクトの種類によっては、いくつかの色のオプションがあります。 入力は、テキスト、背景などの色を設定するきちんとしたカラーボックスの1つです。、オブジェクトに応じて。

  • ヒントストリップ:これは、ユーザーがコントロールの上にマウスを置いたときに表示されるテキストです。

  • また、すべてのオブジェクトにはClassID、ClassName、Owning VI、Ownerというプロパティがあります。 この時点でそれらについて心配しないでください。 これらは、非常に高度で比較的あいまいなLabVIEWプログラミングシナリオ用です。

ヘルプウィンドウは、プロパティノードを使用するときに本当に便利です。 プロパティノードのターミナルにカーソルを移動すると、ヘルプウィンドウにプロパティの意味と期待されるデータの種類が表示されます。 また、図13.33に示すように、プロパティノードでポップアップし、ヘルプを選択して、ポップアップしたプロパティのLabVIEWヘルプファイルトピックを開くこ

図13.33. ポップアップメニューから特定のプロパティのLabVIEWヘルプを表示する

(書き込みモードで)プロパティに配線するデータ型がわからない場合は、プロパティノードターミナルにポップアップし、Create Constantを選択して正しいデータ型の定数を作成することができます。入力がクラスターである場合は、特に便利な時間の節約になります。

ほとんどすべてのコントロールまたはインジケータには基本プロパティがあります。 それらのほとんどは、より多くの、特に表やグラフ(100以上のプロパティを持つことができます!). 私たちも、あなたがそれらの多くを気にすることはありませんし、あなたは常にマニュアルの詳細を調べることができますので、部分的には、これらの プロパティノードについて学ぶ最良の方法は、アプリケーションに合わせていくつかを作成し、それらを使って遊び始めることです。 プロパティノードは、プログラムをより動的で柔軟で使いやすいものにするのに非常に便利です(技術的でないマネージャーに印象づけるのには常に良

別の例

グラフとチャートには、チャートのプロパティノードのターミナルにポップアップすることでわかるように、プロパティノードに無数のオプ

図13.34. チャートやグラフのプロパティの無数

この次の例は、LabVIEWのフルバージョンのプロパティノードの例にありますが、プログラムで制御できるグラフの多くの側面の1つだけを示しています図13.35 チャートプロパティノード。viでは、ストリップ、スコープ、スイープの三つの表示タイプのいずれかを選択できます(必要な場合は、第8章”LabVIEWのエキサイティングなビジュアルディスプレイ:グラフとグラフ”を参照して、それらが何をするかを確認してください)。

図13.35. ChartプロパティNode.vi 前面パネル

VIの実行中でも、チャートモードを選択して変更を確認できます。 これを行うには、チャートのプロパティノードの更新モードオプションを使用します(図13.36を参照)。

図13.36. チャートプロパティノード。viブロック図

アクティビティ13-4:チャート付きプロパティノードの使用

三つのチャネルのデータ(DAQボードを介したリアルタイムデータまたはランダムデータ)をグラフ化するVI ユーザーが三つのボタンでプロットのいずれかをオンまたはオフにしてみましょう。 これはグラフであり、グラフではないため、VIを閉じて再度開いた場合でも、データは古いデータとともに蓄積されます。 チャートをクリアする”クリア”ボタンを追加します(図13.37参照)。

図13.37. このアクティビティ中に作成するVIのフロントパネル

マルチプロットグラフまたはグラフを使用する場合は、一度に1つのプロットのプロパティのみに影響を与えることができます。 プロットには0、1、という番号が付けられています。 . .、プロパティノードの目的のためのn。 アクティブプロットと呼ばれる特定のプロパティは、変更または読み取り中のプロパティのプロットを選択するために使用されます。 この演習では、図13.38および13.39に示すようなcase文を作成する必要があります。

図13.38. 作成するブロックダイアグラムの一部で、plotが表示されます0


図13.39. 作成するブロックダイアグラムの一部で、plotを非表示にします0

つまり、テキストをクリックすると、Booleanitをクリックすると状態が変更されるのと同じです。 チェックボックス(システムパレットにあります)を配置すると、ラベルとブール値の両方のテキストが表示されて表示されます。 ラベルを非表示にし(チェックボックスを右クリックし、表示されている項目のサブメニューからラベルの選択を解除)、ブール値のテキストを”チャンネル1 ブール値のテキストをクリックすると、チェックボックスの値が変更されるかどうかをテストします。

グラフを消去するには、グラフの履歴データプロパティを使用します。 次に、このプロパティノードに空の配列を配線します。

VIをプロパティとして保存しますNodes-Graph.vi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。