第2回から第5回までの1998年、フィッシュは彼らのキャリアの最高のショーの四つを演じた。 “アイランドツアー”と呼ばれる最初の二晩はロングアイランド(ニューヨーク州ユニオンデールのナッソー-コロシアム)とロードアイランド(RI州プロビデンスのプロビデンス-シビックセンター)であったため、四つのショーのそれぞれがフィッシュの歴史に消えない印を残している。

4月2日の最初の夜は、いくつかの広範な音楽的探求と”Frankie Says”と”Birds of a Feather”のデビューを特色にしました。 1998年のこの日のライブの第二夜は、バンドはまだそれを知らなかったが、”Weekapaug Groove”のジャムセッションは最終的にオリジナル曲”Mozambique”を生み出すことになった。

歴史的なランの第二夜からの多くのハイライトの中で、フィッシュが27分間のオデッセイのためにWeenのカバーを取ったので、特に注目すべき”Roses Are Free”でした。 この曲は、”Piper”、”Loving Cup”、”Run Like An Antelope”を含む四曲セットの最初のものであり、完全な時間プラスの音楽のためのいくつかのストレートファンクをもたらした。 いくつかの余分な時間で、フィッシュは”Carini”、”Halley’S Comet”、”ピンセットReprise”を含む栄光の三つの曲のアンコールを演奏しました。”

このショーが最高の評価を受けている理由がありますPhish.net.Youtubeユーザー silverchair97の礼儀で、以下の完全なショーを見ることができます。

フィッシュ-ナッソー-コロシアム– 4/3/1998

セットリスト:フィッシュatナッソーコロシアム、ユニオンデール、NY–4/3/98

セット1: 7287>

セット2:バラは自由です>パイパー>ラビングカップ>アンテロープのように実行

アンコール:カリーニ>ハレー彗星>ピンセット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。