マメ科の植物の中にある種子です。 彼らは一般的にカロリーが非常に低いので、体重を減らすときに推奨されます。 あなたがひよこ豆の特性を発見し、あなたの食事にそれらを含めることを躊躇しないように、私たちはあなたにもっと教えてくれるでしょう。

東洋-中東料理の重要な成分であり、多くの栄養素を含んでいます。 その中には繊維、タンパク質、ビタミンが含まれています。 このマメ科植物は、全粒穀物(生または調理)の形で、またはすでに加工された小麦粉として店舗または市場で得ることができる。

ひよこ豆栄養情報

あなたも読むことができます:お粥:健康でおいしい朝食のための10のレシピ。

スペイン栄養財団によると、塩なしで調理されたひよこ豆の100グラムの部分は私たちに与えます:

  • 炭水化物(エネルギー)。
  • 食物繊維(心臓や消化器の健康に良い)。

しかし、加えて、ひよこ豆は、その組成のビタミンA、B6、C、EとK、カルシウム、リン、カリウム、亜鉛、マグネシウム、鉄とナトリウムを提供しています。

二つの主な利点

ヒヨコマメの特性

食物繊維を含むことにより、ヒヨコマメは血液中の悪玉コレステロールのレベルを低下させるのに役立 順番に、それは血圧とトリグリセリドの量を下げるために良いでしょう。 そのため、心臓発作、心臓病、脳卒中のリスクを軽減するのに役立ちます。

さらに、その成分は消化器の健康を促進するでしょう。 下痢の場合、一部の専門家は、腸を安定させ強化するためにひよこ豆の料理を食べることを推奨しています。

ヒヨコマメのその他の特性

鉄欠乏性貧血を持つ人々は、このマメ科植物の主要成分の一つである鉄のレベルを上げるためにヒヨコマメを消費 また、スポーツの多くを練習し、身体活動のためにそのミネラルの偉大な摩耗を持っている人のためにお勧めします。

2016年にNutrients誌に掲載された研究によると、ヒヨコマメは次のために良いでしょう:

  • 循環を改善して下さい。

読むことを忘れないでください:パッションフラワーの治療法で血圧を制御する方法。

  • 彼らは亜鉛、セレンとアルギニン、変調を助ける成分を提供するので、免疫系の防御を高めます。
  • タンパク質代謝に関与する微量元素を提供
  • 疲労と戦うのに役立ちます。
  • ビタミンAを眼の網膜に輸送する。
  • リウマチ性疾患や関節炎、けいれんを予防します。
  • 糖尿病患者では、亜鉛のその大きな貢献は、体がインスリンを同化し、貯蔵することを可能にするでしょう。
  • 高い繊維の内容による腸の運輸を促進して下さい。
  • 妊娠中または授乳中の女性のために、その葉酸含有量のために、良好な胎児発達のための基本的な成分。
  • 体重を減らすのに役立ちます:いくつかの研究では、繊維が豊富な食品は満足感を高め、食物摂取量を減らすことができることが示されています。

もちろん、この食べ物を定期的に食べることは、病気の場合の医療勧告に取って代わるものではありません。 それは興味深い貢献を持つ唯一の栄養成分ですが、それ自体は解決策ではありません。

ひよこ豆を使った簡単レシピ

1. フムス:

  • ボウルに調理されたひよこ豆のカップを追加します,ニンニクのみじん切りの二つのクローブ,クミン,オリーブオイル,パセリのみじん切り,塩と一つのレモ
  • 水を加えてつぶす。
  • ペーストが形成されると、それは提供する準備ができています。

2. ひよこ豆ボール(ファラフェル):

  • ボウルにひよこ豆のカップを置き、一晩放置します。
  • 沸騰するまで煮る。
  • タマネギ一個、ニンニク二クローブ、コリアンダー、コショウ、クミン、パプリカを混ぜる。
  • ひよこ豆を注ぎ、ブレンダーで粉砕します。 冷蔵庫に1時間放置する。
  • 少量をとり、ボールを形成し、野菜スプレーで揚げます。

今、あなたはあなたのテーブルの上にひよこ豆の特性の恩恵を受けることができます。

3. ひよこ豆とポレンタのハンバーガー:

  • ひよこ豆とピューレを調理する。
  • 水と塩を沸かしてポレンタを用意する。 それはほとんど準備ができたら、ひよこ豆のピューレを追加します。
  • すりおろしたニンジンとタマネギを加えます。 冷まして1時間トレイに置きます。
  • ハンバーグの形にしてから、少しの植物油またはオーブンで調理します。

この記事で見てきたように、ひよこ豆は単なる食べ物ではありません。 それは多くの点であなたに利益をもたらすことができる非常に強力なマメ科植物なので、これらのレシピやあなた自身のおいしい方法であなたの食事療法にそれを追加してください。 あなたは何を待っていますか?.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。