彼らはより人気が高まっているが、ドラフト婚前契約と結婚する米国のカップルのわずか5-10パーセント。 彼らは後で離婚することを選択した場合、一度裕福な人のためだけであると考えられ、婚前または婚後の契約は、時間とお金だけでなく、財産や資産部 これらの法的文書は、カップルが彼らの夫婦の財産を分割する方法だけでなく、他の考慮事項を決定することができます。 ただし、婚前契約または婚後契約が無効であり、したがって執行不能とみなされる状況がある場合があります。 あなたが先に計画するためにあなたのパートナーと協力して検討している場合は、契約のこれらのタイプに含めるべきものを学ぶことが最善であり、

婚前の考慮事項

婚前契約、または”婚前”は、婚約したカップルが結婚を通じて財産、資産、債務、およびその他の財政問題にどのように対処するか、またいつでも離婚することを決定するかどうかを決定するために作成できる法的文書です。 このアプローチでは、配偶者が望む方法で財産を分割することができます。 たとえば、60/40または70/30の割合の分割を選択できます。
他の多くの州と同様に、イリノイ州は、婚前契約が強制可能かどうかを裁判所がどのように決定するかを規定する規則を含む統一婚前契約法(UPAA)を すべての婚前契約は、書面で入れて、それが執行可能であるためには、両方の配偶者によって署名されなければなりません。 彼らは署名するために証人を必要とせず、裁判所の書記官に記録する必要はありません。 しかし、裁判所は、各配偶者がそれに署名する前にお互いの財政の事前知識を持っていたことを証明することができる場合は、婚前を強制するために傾斜していることを知っておくことが重要です。

結婚後の要因

場合によっては、カップルが結婚前の契約を検討していないか、結び目を結ぶ前に短い求愛を持っていた場合、カップルが結婚前の契約を検討していないか、または結婚前の契約を起草する時間がなかった可能性がある。 このような場合、事後合意(postnup)がオプションになることがあります。 Postnupは、結婚が最終的に終了した場合に何が起こるかを定義する配偶者間の法的契約です。 それはまた、結婚している人のために有益であり、そのような不倫などの関係で問題を経験した後でも一緒に滞在することを計画しています。

配偶者は何らかの理由で疎遠になっているかもしれないが、彼らはまだ和解に取り組む意思があるかもしれない。 和解しようとする努力がうまくいかない場合、彼らは保護を望むかもしれません。 例えば、一人の配偶者は、結婚中に夫婦の貯蓄の多額を放散している可能性があります。 彼または彼女のパートナーは、彼らの財政は、彼らが離婚した場合に配布される方法をまとめたpostnupを作成することに同意した場合、他の配偶者は、離婚のため このような状況では、離婚が差し迫っている場合でも、ポストナップはまだ高価な離婚を避けることができます。

いつ前納や後納が執行不能になるのでしょうか?

通常、出生前または出生後はイリノイ州の裁判所によって事件なしに強制されます。 しかし、これらの契約を無効にするシナリオはいくつかあり、これは裁判官によって決定されます。 法的強制力がないとみなされる可能性のある状況には、次のものがあります:

  • 一人の配偶者は、自発的または強迫の下で文書に署名した。
  • この協定の金銭的規定により、配偶者は公的扶助の対象となる。
  • 契約の条件は非常に不公平、不当、または”非良心的です。”
  • 一人の配偶者は、契約書に署名する前に資産や債務を漏らしなかった。
  • 他の配偶者の財務データを知らなかった配偶者は、それを見直す権利を放棄したことはありません。

一方の配偶者が”強迫の下で”文書に署名したと主張するためには、一方の配偶者が他の配偶者に契約書に署名するしかないと脅したことを意味します。 裁判所は、通常、それが極端な状況下にあるか、一方の当事者にとって深刻な結果や苦難につながる場合を除き、それがunscionableであるため、婚前契約を無効にし

セントチャールズ家族法弁護士に連絡する

ほとんどのカップルは離婚で終わると思って結婚に入ることはありませんが、結婚が続かない場合に備えて準備することをお勧めします。 結婚前および結婚後の契約は、あなたの関係が悪化した場合、夫婦の資産または財産に対するあなたの権利を保護することができます。 勤勉なケイン郡婚前契約弁護士は、あなたが正当にあなたのものを受け取るので、これらの重要な法的文書を起草する方法を説明するのに役立ちま あなたの自由な相談を予定するために630-200-4882のベネディクト-シュワルツ、II PCの法律事務所を呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。