目的に応じて使い分け | 魅力を的確に伝えよう!映像制作は専門企業に

魅力を的確に伝えよう!映像制作は専門企業に

サイト作成や構築の様子

目的に応じて使い分け

スマホとPCで確認する

映像制作企業に映像制作を依頼する前に、まず一番考える必要があるものとして「映像の使用目的」という物があります。

映像というのは作り方ひとつで相手に様々な印象を与えることができます。
その為、まず制作を依頼する前に「自分たちが何を目的に映像を作ってもらうのか」「どのような人が映像を見るのか」というのをしっかりと考え、そのうえで依頼を行わなければ意図していない映像を作ってしまう事があるのです。
例えば厨房で使用する包丁の宣伝を行う際、飲食店などに向けて「この包丁を利用すれば作業がどれだけ効率化されるのか」というのを伝える為に作った映像と、一般家庭向けに「この包丁を利用すれば面倒な作業が非常に簡単に済むようになる」というのを伝える為に作った映像というのは、使用している包丁、撮影場所、出演者が同じでも、映像の撮り方や編集の仕方、更には効果音やフォントなど、様々な物が異なってきます。

その為、もしも「誰に対して見せるのか」というのをしっかりと考えずに映像制作を依頼し、企業に「使えば便利になるという事を伝えたい」という点のみを伝えて製作を依頼した場合、ビジネスの場で見せるにはカジュアルすぎる映像になってしまう可能性もありますし、家庭向けの映像にしては堅苦しすぎる物になってしまう可能性もあるのです。
なので、まず依頼を行う前にしっかりと「映像の使用目的」というのを考える必要があるのです。